私の「強み」「得意なこと」はなんだろう?

カリキュラムと仕組み

こんにちは。育休スクラ運営事務局の夏目です。

皆さんは、ご自身の「強み」「得意なこと」にキチンと向き合って棚卸ししたことありますか?

・キャリアビジョンを描く際に取り組んだ
・就職/転職活動の中で自己分析として行った

という方もいらっしゃるかと思います。

先日行われた「復職計画ワークショップ」という講座では、復職準備のひとつとして自分の「強み」「得意なこと」をワークショップ形式で棚卸ししていきました。

ワークショップで「強み」「得意なこと」と向き合う

ワークショップはこのようにすすみました。
1. 「これまでに経験したこと、力を入れてきたこと」をペアワークで発表
2.エピソードから、相手のキーワードを見つけ出す

仕事仲間や家族ではなく、育休スクラの受講生同士でやることで、これまでに見えていなかった新しい自分のスキルを自覚できたようです。
そして、相手のキーワードを出すということで自らの言語化能力も鍛えられる、という一石二鳥なワークショップ。

・自分も認識していなかったスキルを見つけ出してくれて嬉しい!
・色々言い換えて表現することで、新しいスキルとして認識できた
・自分のキーワードを知ることで、価値観が立体的に見えてきた
・ほかの受講生のキーワードを知ることで、新しいスキルを知ることが出来た。自分も経験したいと思えた。

中には、「自己肯定感爆上がり」という受講生もいました。笑
受講後、ホクホク笑顔がたくさん見られたのも印象的な講座となりました。

「強み」「得意なこと」ことは絶対評価

メイン講師である小田木はこのように言います。
「好き、得意なことは絶対評価で良い。それを口に出し、表現することでより自分で磨きをかけられる」

今回の講座で、新しい自分のスキルに気が付くことができたのではないでしょうか。

ブログ一覧へ戻る

MENU

説明会に参加する

説明会に参加する

follow us