カリキュラムと仕組み Schoola method

Curriculum カリキュラム

ビジネススキルは働く私たちにとって重要な資産です。
ビジネススキルは、「専門能力」と「基盤力」に分解され、その掛け合わせが個々のビジネススキルです。
専門能力は、業界や職種固有の知識・技術・経験です。
基盤力は、所属する会社や職種が変わっても使えるポータブル・スキル(=持ち運びできる力)です。

例えば、どんな仕事でも問題はつきものです。問題に向き合う際、何が問題の本質かを考えるプロセスでは、論理的思考力や考え抜く力が必要になりますし、関わる人と問題認識を共有するための対話力も不可欠です。多様な立場や考え方の人がいますので、多様性を受け入れる力や、そうした人たちを巻き込む力も必要。あくまで一例ですが、こうした業界や職種に関わらず必要な力を基盤力と定義します。マネジメント・スキルや、リーダーシップも基盤力に該当します。

専門能力と基盤力の関係は、森をイメージしてみてください。基盤力は土壌。専門能力はその上に生える木々です。豊かな土(=基盤力)があってこそ、木(=専門能力)は太く大きく育つ(=力を発揮)できるのです。良い土壌があれば、新しい木(=新しい職種や仕事による専門能力)を育てることも可能です。組織内外の環境が激変する今、基盤力の重要性は以前よりも増していると言えます。

育休中は、専門能力と基盤力のうち、基盤力の方を磨くことこそ重要だと考えます。
なぜなら、専門能力は実業務の現場の方が磨きやすい一方、育休は、実業務を離れて自分のために使える貴重な時間です。こういうときこそ、基盤力という目に見えない資産を、体系立てて学ぶことで強化し、且つ環境の変化に合わせてアップデートできる機会です。

育休スクラのカリキュラムは、受講者が、①主体的なキャリアを描き、②チームで成果を上げることができ、且つ③組織が求めるマネジメント志向(※)で仕事を実践できるようになることを目的に、効果的な順番で構成されています。

※ マネジメント志向とは、管理職などの役職の有無にかかわらず、組織やチームという一段上のレイヤーで物事を考え、周囲と連携し、自律的な仕事ができる意思とスキルのことです。中堅人材の一人として、こうした思考で仕事をすることが、より重要になるでしょう。

図:スキル = 専門能力 × 基盤力 図:スキル = 専門能力 × 基盤力

育休中こそ、
長く役立つスキルを
じっくり身に着ける!

育休スクラで身につくスキル

Step1 キャリアを描く基礎力

自己の経験を棚卸しし、価値観や強みを言語化しながら、これからのキャリアを描く。

  • ビジネスマインドセット
  • タイムマネジメント
  • キャリアデザイン
  • バックキャスティング
  • モチベーションマネジメント
  • セルフアウェアネス

Step2 チームで成果を上げる力

チームで成果を最大化するためのメカニズムを理解し、仕事のやり方や関係構築方法を更新する。

  • ロジカルシンキング
  • 対話力
  • プロジェクトマネジメント
  • ファシリテーション
  • コミュニケーションスキル
  • フォロワーシップ

Step3 キャリアアップの推進力

ミドル人材に求められるマネジメント志向と、その実践に必要なスキルを発展的に習得する。

  • プレゼンテーション
  • ネガティブケイパビリティ
  • リーダーシップ
  • 内省力
  • レジリエンス
  • チームマネジメント

Step1 キャリアを描く
基礎力

Step2 チームで成果を
上げる力

Step3 キャリアアップの
推進力

Step4 変化の時代の
ビジネス基礎力
【特別講義】

  • 短期コースは、科目1~5まで。標準コースは、科目1~10までが受講対象です。
  • 特別講義は、短期・標準とも、全員が任意で受講できます。
  • 各科目あたり、Day1~最大Day3までのクラスが開催されます。

Learning 学習方法&学習サポート

学習方法~育休スクラの特徴~

図:学習方法
01 3か月から最大6か月
スクールでの学習期間は、最短3か月・最大6か月に設計されています。体系だったカリキュラムを、継続的に学ぶことで考え方の定着や、スキルの習得が実現します。
02 週1回、2時間ずつ
スクール在籍期間中は、一定のペースでクラスが開校されます。平日午前中(2時間)で開催するクラスに、週1回参加することを継続する習慣さえできれば、学習を継続できます。
03 子どもと一緒
受講生は誰もが子どもを見ながら、抱っこやおんぶしながら思い思いの参加スタイル。工夫して参加することで鍛えられる力もあります。
04 多様な同期
全国から集まる多様な同期の仲間が育休スクラの魅力です。業種・職種も多様で、刺激し合える仲間の存在は修了後もかけがえのないネットワークとして続いていきます。
05 アクティブラーニング
クラスは、対話やワークを取り入れたアクティブ・ラーニングで進みます。自分だけでは気づけない深い学びや、視野の広がりがあり、楽しく時間が経つのがあっという間です。
06 10テーマ50時間
最大6か月(標準コース)を受講すると、全部で10テーマ・50時間分のクラスの受講ができます。特別講義など、任意のクラスも含めると十分な学びの時間と内容を確保できます。

学習サポート

01 急な欠席も大丈夫!
クラスは毎回動画で記録し、資料もすべてデータで共有されます。体調不良による急な欠席や、子どもの事情で「聴けなかった箇所がある」などに際してご活用ください。
02 受講生限定のSNS
(Slackの活用)
受講生だけが参加できるグループウェアを使い、同期や全受講生とつながれます。受講レポート※も同期とシェアし、次回のクラスまでに振り返りができる仕組みがあります。※ 受講レポートについては、当ページ下部「育休スクラのある生活」をご参照ください。
03 困ったらいつでも相談
運営事務局が、受講生の相談窓口です。いつでもお気軽にご相談ください。

Method 育休スクラの学びが身になる仕組み

目的は学ぶことではなく、学んだことが身について活かせること クラスの運営方法や、同期のネットワークなど、“身になる仕組み”が設計されています。

講義・ワーク・対話・プレゼンテーション

すべて、オンラインで実現可能!

アクティブラーニングで高い学習効果を引き出します。

1人ではなく、仲間と学ぶことで“学習効果を最大化”しよう。

  • インプット・アウトプットから
    フィードバックまで
    学習サイクルが回しやすい
  • 相手の経験を疑似体験できる
    自分の経験を振り返り、考察できる
    実践に近い効果が得られる
  • 仲間の発見や気づき、
    問題意思も自分のものにできる
    一人では至れない到達点へ

何より、“1人より断然楽しい”から、
身になる&続く!

Daily life スクラのある生活

Q クラス参加以外にどれぐらい
時間をかけていますか?

クラス以外に必要な時間は“受講レポート”。かける時間は人それぞれ。時間を決めて、自分にあった習慣を作っていきましょう。

1回のクラス参加ごとに、振り返りをまとめる“受講レポート”を、全員がSlackに書き込みます。“受講レポート”は、学習を「学びっ放し」にせず、自分の中に定着させるための大事なステップです。一方、掛けている時間は人それぞれ。自分なりのリズムをつくって、習慣にしましょう。

Aさん
20分で書くと決め、出来る限りクラス当日のうちにアップするようにしています。
Bさん
クラス中にとった手書きメモを見返しながら、30分ぐらいかけています。気になるところがあると、動画でその箇所も見ます。
Cさん
仲間のレポートをスマホで一通り見てからまとめます。自分が気づけなかった視点も取り入れながら、復習を兼ねて書いています。

Q スクラのある日は、どんな
タイムスケジュールですか?

平日午前中、9:45~12:15(途中休憩あり)で開催します。ほぼ全員がお子さんと一緒に、思い思いのスタイルで参加しています。

様々なケースがありますが、総じて「スクラのある日の方が充実する」「刺激があって気分転換になる」という前向きな声をいただいています。

Aさん
上の子を保育園に送ってから参加します。抱っこひもを使いながら、立って参加し始めると、そのうち午前のお昼寝をしてくれます。
Bさん
床で横で遊ばせながらリビングで参加します。泣いちゃう場合は途中で抱っこしたり、授乳したりしています。
Cさん
クラスまで家事をしているので、クラスが始まった際に子どもの食事をしながらになるときもあります。

MENU

説明会に参加する

説明会に参加する

follow us