【卒業レポート】個々人の成長だけでなく、チームとしての成長・成果を得られました!

参加者の声

こんにちは、育休スクラ運営事務局のナカシマです。
育休スクラでは、修了時に「卒業レポート」をまとめ、修了式に発表します。
講義を通じて学んだもの、今後のキャリア、仲間への想いなどを中心に、自由に発表していただきます。
育休スクラで学んだ受講生が得たもの、感じたものは皆さんそれぞれです。
今回は、2期生海野真利子さんの卒業レポートをご紹介いたします。

+++++++++++++
海野真利子さん


育休スクラ運営会社NOKIOO所属。1回目の育休中にリリースした自社サービスに参加。
受講途中に復職を果たし、学んだ内容を復職直後から存分に発揮!
詳しくは、こちらのブログもご覧ください♪

育休スクラで学んだこと まとめ


■成長の比較対象は他人ではなく過去の自分
他人と比べるのではなく、過去の自分と比べて少しでも成長していればいいのだと、育休スクラ受講を通して思えるようになったことが、自分にとって大きな変化でした。

■自己肯定感・自己効力感を得ることができた
皆さんに褒めていただいたり、「育休スクラで自分は成長できた(成長実感・成功体験)」という体験から自己肯定感を得られました。
そして、その成功体験から「だからこれからも自分次第で成長できる!(自分への期待) 」という自己効力感を得られたことで、これからの成長の糧とする土台ができたように思います。

これからの両立生活、大変なことも多いと思いますが、その障害も乗り越えられるハードルだと思って、どうやって乗り越えるか、どんな自分になったら乗り越えられるか、挑戦を楽しんで過ごしていきたいと思います。

今後のキャリアビジョン・ありたい姿


【歩みを止めない人間】を目指します。
一歩ずつでも成長するために、自らを客観的に見つめ、改善方法を考え、挑戦します。

自分へのコミットメント


(怠けたい心に)負けないこと
(行き詰まっても途中で)投げ出さないこと
(自分の責任から)逃げ出さないこと
(自分ならできると期待し)信じ抜くこと
by 大事MANブラザーズバンド

メンバーへのメッセージ


講義でたくさんのパワーワードが生まれましたが、Mさんがおっしゃっていた「自己肯定感爆上がり」という言葉が、育休スクラを端的に表していて好きでした。
元々自己肯定感の低い人間なのですが、さらに育児という自己肯定感を得にくい時期に、育休スクラで皆さんと学び、褒めてもらえる機会・成長実感が得られる機会があったことで育休期を乗り切れたと言っても過言ではありません。
最後の講義で見学者の方から「メンバーが信頼しあっているのがわかる」と言っていただきましたが、2期メンバーで作ってきた育休スクラがそのように評価されたことは、個々人の成長だけでなく、チームとしての成長・成果を得られたということなのかな、と思い、完走できた満足感がありました。
自分一人では決してたどり着くことのできないところだったと思います。
一緒に学んできた2期の皆さん、それから小田木さん始め運営チームの皆さま、本当にありがとうございました!

+++++++++++++


初めての育休。復職後の両立生活に不安を抱えていた、という真利子さん。
受講中に復職を果たされ、育休スクラの学びをさっそく会社で体現してくれています。
そんな真利子さんの変化に、事務局一同とても嬉しく感じています。ありがとうございます!

育休スクラでは、セミナーや説明会などを随時開催しています。
詳しくはコチラをご覧ください!

ブログ一覧へ戻る

MENU

説明会に参加する

説明会に参加する

follow us