受講金額に見合った学びが得られるのか、迷う方へ。

お知らせ

残業ありきの働き方が子どもを持った後も続けられるのかな。
一人目の復職がとにかく必死だったな。二人目はあの辛さを繰り返したくない。
― 復職に対して、もやもやと不安。

自分って本当は何をしたいのかな。どうして働くのか答えがでないな。
― 今後のキャリアに対して迷子状態。

そんな不安やモヤモヤを抱えて、育休スクラを選んだ方から、
「育休スクラは受講価格に見合う価値があった」と修了時に多くの声を寄せてくれました。 リアルな声を一部紹介いたします。

修了生に聞いてみました!「育休スクラは受講価格に見合う価値があった?」

一生ものの学び・仲間を得られることができた!

・本を読んで学べる内容ではなく、講師の問いかけによって考えたり、仲間と話し合ったりすることで身につく内容だった。育休の時間を生かして、一時的ではなく今後の人生でずっと役立つ学びを得ることができた。
今後の人生に大きく影響する学びを得ることができた。また、これだけの金額を払ってでも学びたいと思っている意欲の高い仲間に出会うことができた

自分の行動や今後の人生が大きく変化した!

・受講したことで思考、行動が大きく変化したことを実感できているし、素晴らしい仲間にも出会うことができた。育休に感じていたネガティブなイメージを払拭でき、私の今後の人生がスクラで大きく変わったと思えた。
・黒歴史のまま産休に入り、どん底にいた自分が、ものすごく前向きで働くことに対して楽しみな気持ちさえ持って復職することができました。さらに、受講が終わってからも話ができる仲間ができたことも、今すごく自分の支えになっています。

未来に対する自分への投資!

・自分がそのお金を何に使うことに価値があると感じるか?と考えたときに、私はこのお金を払ってこれらの学びを得られてよかった、と思います。最終的には、自分がそのお金を何に投資して、投資した先にどうなりたいのかがイメージでき、それが実現できたら、そのお金は払う価値のあった、と思うと思います。

講義の内容自体に価値を感じた!

・講義の内容はとても緻密に構成されていて、いわゆる受けっぱなしではなく、自分事に引き寄せるところまでを意識することになるので、身についていると実感を持てる。また、修了後も永く付き合える仲間と出会える。その出会いを考えてもとても価値あり。
・講義前から講義テーマや時間数に対して、価格は抑えられていると感じていたが、その後いろんなウェビナーの価格を知って比べる中で、スクラは時間当たりの単価が破格であり、内容の質もかなり高いものだと改めて思った。また、スクラのどこからも商売っ気を感じることがなく、受講者の学びを第一に考えてくれていることがずっと伝わっていたので、お金のことはあまり気にならなかった。(むしろ途中から、この価格でいいのかな…と不安になるくらいだった)

価格以上の学びや人的ネットワークが得られた!

・実際受けてみて、講義で得られるものだけでなく、同期や講師の方とのネットワークができ、これは価格以上のものだと思っています。 また、これも講義を受ける前に価格以上のメリットだと思ったのですが、スクラを受講することで夜スクラに入れることも良いと感じていました。育休スクラを受講すれば毎月1,100円で学び続ける場ができるのは大きいメリットでした。


育休スクラの説明会では、直接、先輩育休スクラ生に質問することができます。
ぜひ説明会にご参加くださいませ。 

>>説明会の詳細・お申込みはこちら

受講価格についてのご案内

【ご留意点】
第1期(2020年2月開校期)から第5期(2021年9月開校期)までの受講者が職場やキャリアで向き合う課題や、リモートワークの進展など社会環境の変化に応じてカリキュラムをバージョンアップいたしました。 そのため、第7期(2022年9月開校期)より価格改定しております。

【価格改訂理由】
受講者様、および利用企業様にとっての提供価値をより大きなものにできるよう、サービスを拡充させていただきました。
・女性のリーダー人材育成や、ウィズコロナの働き方等を視野に入れたカリキュラムを拡充したこと
・講師の多様性を広げ、より魅力ある講師体制を整えたこと
・受講システムやカスタマーサクセス体制との強化により、ユーザビリティを向上させたこと、等

【改訂金額】2022年9月開校(第7期)以降
 短期コース お一人様165,000円(税込)
 標準コース お一人様275,000円(税込)

>>金額についての詳細はこちら

ご不明な点につきましては、お問い合わせフォームからお問い合わせいただく、 または説明会にご参加いただいた際に詳細をご説明いたします。 どうぞ宜しくお願いいたします。

>>お問合せはこちら

ブログ一覧へ戻る

MENU

説明会に参加する

説明会に参加する

follow us