育休スクラ 育休者向けオンラインスクール

スクラについて2020年10月02日

コミュニティについて|「仲間」がいるということ

こんにちは。育休スクラ運営事務局の夏目です。

先日、受講生の方に「育休スクラの魅力ってどういうところですか?」と質問する機会がありました。
たくさん魅力を上げていただいたのですが、そのなかの1つに、

「友達、同僚、ママ友でもない、普通に生活していたら出会えなかった『仲間』と出会えること」
というものがありました。

仕事やキャリアの話をすると「意識が高い」と思われそうだけど、育休スクラの仲間だったら自然に話せる。
そうおっしゃっていました。
自分にとって大事なことだけど、身近な人とはキャリアについて話しにくい、なんてことありますよね。
でも、キャリアについて考えるのはとても大切なことです。
むしろ、ほかの受講生はどんな風に考えているか知りたいし、相談したい!
そんな仲間になれる、とのコメントにとても嬉しくなりました。


今回は、育休スクラのコミュニティがどんな感じなのか、その一部をご紹介したいと思います。

 
コミュニケーションツール:Slack

育休スクラが大事にしている「アウトプットの場」として、ビジネスチャット「Slack」を活用しています。
講義後「受講レポート」を投稿し、コメントしあうことで学びを深めています。

という一方、
「ワイワイ、ざっくばらんにおしゃべり」をするチャンネルも用意してあります。



ここで交わされるおしゃべりは実に様々です。

・赤ちゃんが無事産まれました!
(1期生・2期生ともに産前から受講されている方がいらっしゃいました。新生児に受講生一同メロメロです)
・出産祝いのお金ってどうしてます?学資保険?ジュニアNISA?教えてください!
・この絵本・書籍・セミナー、面白かったから内容共有します!
・地元のオススメスポット教えます!
・うちの会社でこういう取り組みを始めたんですが、どう思いますか?

などなど、同じ母親としての話から、仕事の話まで、実に色々な種類の会話が活発にされています。
どんな話をしても、受け止めてもらえる仲間としての安心感があるのかもしれませんね。

 
柔軟なイベント企画

先日、受講生の行動力、そしてそれに応える育休スクラコミュニティの柔軟さを象徴する出来事がありました。

きっかけは、育休スクラの人気科目「ヘルプシーキング行動力」。
メイン講師小田木から育休スクラ運営会社:株式会社NOKIOOが実施している
「ヘルプシーキングしやすい社内の仕組み・仕掛け作り」を紹介したことから始まりました。
※ヘルプシーキング行動力についてはこちらをご覧ください

講義内でもその仕組み・仕掛けについておおいに盛り上がったのですが、
もっと詳しい知りたい!という受講生の声にこたえる形で、イベントが立ち上がりました。

当日は、株式会社NOKIOOの代表小川も参加。
これまでの仕組み作りの成功例・失敗談を惜しみなく披露していただきました。
ランチタイムのわずか1時間という短い時間でしたが、1期生・2期生約10名ほどの方が参加。
普段の講座とは違った盛り上がりをみせました。



そのほかにも、
・「子どものお小遣い」についての勉強会
・もうちょっと話したかった講義内容について、フリートークしたい
など、「講義の場」に収まらないインプット・アウトプットが発生しています。


-------------------------

いかがでしょうか?
まさに、最初にご紹介した受講生の声の通り、
友達、同僚、ママ友でもない、普通に生活していたら出会えなかった『仲間』
だからこそ出来る関係なのかもしれませんね。

貴重な育休という時間。
皆さんもこんな素敵な仲間たちと有意義な時間を過ごしてみませんか?

 
【特別企画】先輩スクラ生に聞く!トークイベント

・どんな風に講座を受けているのか?
・金額に見合う価値を感じている?
・仕事に活かせそう?
など、事務局からお伝えする内容とはまた違う「育休スクラ」をご紹介する
特別イベントを企画しました!

日時:10月7日(水)午前10時~午前11時30分
場所:オンライン
お申し込みはコチラ↓↓↓
https://f.msgs.jp/webapp/form/16022_gsx_216/index.do


 
タグ:
シェア:

関連の記事