【卒業レポート】育休スクラで明確になった私のキャリアビジョン

参加者の声

こんにちは、育休スクラ運営事務局のナカシマです。
育休スクラでは、修了時に「卒業レポート」をまとめ、修了式に発表します。
講義を通じて学んだもの、今後のキャリア、仲間への想いなどを中心に、
自由に発表していただきます。
育休スクラで学んだ受講生が得たもの、感じたものは皆さんそれぞれです。
今回は、2期生Nさんの卒業レポートをご紹介いたします。

+++++++++++++
Nさん


食品メーカー勤務。
いつもお子様と一緒に受講されていたNさん。
育児にも、学びにも真剣に向き合う姿がオンラインの画面越しからも伝わってきました。

育休スクラで学んだこと まとめ


受講目的は2つありました。1つは、キャリアビジョンをはっきりさせること、もう一つは両立のヒントを得ることでした。
受講を通じて、両方の目的に道筋をつけることができ、復職に備えることができました。

キャリアビジョンを考える:他者の力を借りて、自分のことを知る
これまで様々な書籍を読んだり、研修を受けたり、キャリアビジョンを考える機会は幾度となくありましたが、ぼんやりしたビジョンに自信が持てませんでした。
受講を通じて、これまでになく深くそして、多く考える機会を得て、現時点でのビジョンを描くことができました。
特に一人で考えるのではなく、メンバーと共に学び、考えることで、自分では気が付けなかったことに気が付くことができました。

復職への不安を小さくする:不安を感じたら、学ぶ。
受講を通じて、両立のためのスキルを学んでいくうちに、他のメンバーと同じように、復職への不安な気持ちはどんどん小さくなっていきました。
不安は学びにより解消していけばよいということを体感し、これからのキャリアで不安や困難に遭遇したときにも、同じように学んでいけばよいという安心感が持てました。
 

今後のキャリアビジョン・ありたい姿

・様々な人と関わりを持ち、視野を広げ、人材としての幅を広げ続けます。
・研究開発にダイレクトに携わる人材であり続けたいと思います。
・スペシャリストが働きやすい環境を整え、成果が最大になるようなチーム運営ができるマネージャーになりたいと思います。
 

自分へのコミットメント

1.自分ではなく、チームが成果を上げるために行動する。
2.行き詰りそうになったら、ひとりで抱えずに周りに早めに助けを求める。
3.キャリアの過程の中で、困難に遭遇しても、途中で逃げることなく、学びながら前に進む。
 

メンバーへのメッセージ


多くの学びをありがとうございました。
一人では得られない気づきを得たり、皆さんの経験から疑似体験をしたりすることができました。
特に、皆さんの職場の環境や上司・同僚の話を聞きながら、各受講テーマについて議論したことは、他では学ぶことができないとても良い機会となりました。
2期で一緒に学ぶことができて、とても貴重な経験となりました。ここで一旦修了というステップを迎えますが、両立マラソンはここからがスタート。少し遠いところから、互いに伴走者として、最適な解を探し1歩ずつ進んでいけたらと思っております。引き続きよろしくお願い致します。

+++++++++++++

キャリアビジョンを明確にしたい!というはっきりとした目的があったNさん。
講義内容はもちろん関連書籍など、積極的に取り入れ自分の最適解を見つけ出していく姿は、とても素敵でした。
Nさんの育休スクラとの向き合う姿は、こちらでもご紹介しているので、ぜひご覧ください♪

育休スクラでは、セミナーや説明会などを随時開催しています。
詳しくはコチラをご覧ください!

ブログ一覧へ戻る

MENU

説明会に参加する

説明会に参加する

follow us