育休スクラ 育休者向けオンラインスクール

運営事務局について2021年01月04日

【事務局ブログ#3】スクラとNOKIOOをゆる~く語るブログ

みなさん、明けましておめでとうございます。事務局の高力です。
 

さて、私たちNOKIOOは4日から仕事始め。
出社メンバーは毎年恒例、五社神社へお参りに行って来ました。


本年もどうぞ宜しくお願いいたします!!

***

さて、新年一発目の事務局ブログは、「ヘルプシーキング行動力」について書きたいなと思います。

(このブログをご覧いただいている方はよーくご存知かと思いますが)
私たちがとっても大事にしているビジネススキルの一つが「ヘルプシーキング行動力」です。

今回取り上げた理由はですね、年末にVoicy運営マネージャーの池ちゃんが
ヘルプシーキング行動力の実体験編をブログに書いてくれたんです。

※1歳になるお子さんが風邪をひいて、急遽仕事を休むことになった時の
池ちゃんのヘルプシーキング行動力<実体験編>はコチラ。
これから復職を迎える方は必見の内容ですよ!!

***

それでですね、池ちゃんの「ヘルプ!」に対して、「私できるよー」と返事を返したのが、私です(*^^*)
今回の事務局ブログは、池ちゃんのヘルプシーキング行動に対する、「お応え編」をお届けします。

では、、、
「スクラとNOKIOOをゆる~く語るブログ」#3 スタートです。#1はコチラ  #2はコチラ



***

ある日曜日、池ちゃんから社内SNSのチャットで下記の連絡がありました。

「ヘルプ!ちょっとまだ分かんないんだけども、息子の調子が悪く、
明日お休みをもらう可能性もありそうで。
もし仕事を休む必要があったら、13時から15時のオンラインセミナーの事務局対応を誰かにお願いしたいです。
対応できる方いらっしゃいませんかーーー?」


これを見て、私は3つの判断/理由から「私できるよー」の返事をしました。

 

1.対応できる時間かどうか


これはですね、ただ単に(月曜日の午後?私空いているからできるな)ではないんです。

池ちゃんが休む”可能性”を早めに伝えてくれたので、
☑月曜日の午後絶対にやらなければいけない仕事はあるか
☑その仕事は他の時間、例えば午前中のうちに対応が可能か
☑もし難しければ、他のメンバーに頼めるか

といったことを考える時間が私にも生まれました。

余裕を持って自分の時間管理(再優先付け、再スケジューリング)ができ
もし急な予定変更の必要があっても対応ができるな、と判断できたのです。


土日に子供が熱が出ちゃうと、
「月曜日にはなんとか治って…(><)」と祈りたい気持ちありますよね。私もとってもわかります。

でも、なかなかそううまくはいかなくて、ズルズル熱が長引いてしまったり、
子供は元気になっても、今度は自分が風邪をもらっちゃう…ってこと、よくありますよね。

そして月曜日の朝にバタバタと・・・((+_+)((+_+)((+_+))

「ちょっとまだ分かんないんだけども、子供の調子が悪くて、明日お休みをもらう可能性もありそう」

これでいいんです。
月曜日にもし元気になったら、「よかったね、看病お疲れ様♪」でいいんです。


【…きっと月曜日には良くなっているはず…(>_<)】
ではなく、是非、復職を迎える皆さんも「あまい判断をしない」、これ是非覚えていてくださいね^^



 

2.対応できる業務内容か


これもですね、ただ単に(オンラインセミナーの事務局対応?私もできるな)ではないんです。

池ちゃんから代打をお願いされたプロジェクトは、私が関わっていないものでした。

でも、
☑どういったクライアントで、
☑どういった内容のセミナーで、
☑セミナーの講師は誰で、

☑どういったことに気を付ける必要があるのか、
☑どんなスキルがあれば問題なく業務対応ができるのか、

そういったことがすぐにイメージが付いたから引き受けることができたのです。

なぜそれができたかというと…
”日報”です。

私たちNOKIOOは”全員日報”
日報を業務の実施事項共有の機会だけでなく、
業務・作業について課題感、ヘルプ、報告事項、振り返り、気づきなどを全員で共有し合います。
さらに、ナレッジ共有やフィードバックの場としても活用しています。

そのため、私はこのプロジェクトについて直接は関わっていませんが、
日頃から池ちゃんより上記の共有があったため、「簡単引継ぎで、私でも対応できるな」と判断することができました。


【…緊急時に引継ぎをする方が大変…(>_<)】
日報やビジネスチャットなどを活用し、
常日頃から業務共有などをする仕組みがあると、いざとなった時に引き継ぐ方・引き継がれる方が楽になりますよ^^

 

3.あなたのために対応したいか


時間も対応可能、業務内容も問題ない。でもそれだけじゃないんです。

ヘルプシーキングされたときに私が一番に思ったことはですね、
「やった、池ちゃんに恩返しができる♪」なんです。

実は9月に私の「ヘルプ!」に対してて、池ちゃんが緊急対応してくれたことがありました。
その時の恩返しができるし、こういったことはお互い様


【…いつも私ばかり緊急へルプばっかりして、気が重い…(>_<)】
そうならないよう、
「Aさんのためなら一肌脱ぐよ」と思ってもらえるように、
「Bさんはいつも助けてくれるから、**の仕事でお返ししよう」と思え、行動できるように、
普段からの信頼づくりが欠かせませんね^^


以上が、池ちゃんからのヘルプシーキング行動に対する、「お応え編」でした。
最後までお読みいただきありがとうございました!
 

--------------------------------------------------
へルプシーキング行動力について興味をお持ちの方へ
--------------------------------------------------
復職に向けて誰でも身に着けておきたい「ヘルプシーキング行動」は育休スクラの講座で学ぶことができる、大人気のテーマです。
ヘルプシーキングって?そう思った方はぜひ2月17日(水)10時~の育休スクラ体験会にご参加ください!

★詳細・お申込みはコチラ>> 
https://schoola.jp/seminar/detail/97

 

タグ:
シェア:

関連の記事