• 修了生
  • 短期コース

建設業 / 研究開発 Aさん

「できないのは自分がダメだから」と諦めるのでなく、上手に自分を動かす仕組み化が大事だと気付きました。

やりたいことを我慢して制限するのではなく、大事なことを順番に、主体性をもって選んでいきたいです。

01 育休スクラで
得られたものや、
ご自身の変化は?

ひとりで抱え込む仕事スタイルでは、頑張っても限界がある。意識すべきは自分の苦労度合いではなく、成果を出せたかどうか。課題解決型のチームビルディングを実施することで良いチーム形成に努め、成すべきこと・成したいことへ一足飛びで向かえるように、仕事も家庭もそれぞれチームで取り組むことが重要だと学びました。

02 今後のキャリアビジョンを
どのように考えていますか?

*キャリアビジョン
・社会課題を解決するテーマを挙げ実行し、展開できる
・必要とあらば組織を牽引する力のある存在になる

*ありたい姿
・周りも自分も幸せにしている
・自己成長と社会還元のサイクルを回して活き活きとしている
・こどもや後輩を背中で育てられる、ちょっと変わったセンパイ

03 育休スクラの
仲間へのメッセージを
お願いします。

こどもとの幸せな時間を味わいながらも、社会から取り残されたような気持ちも芽生えた育休期間。みなさんと一緒に学ぶことは私の大きな支えになりました。本当にありがとうございました!一区切りとなりますが、これからも仲間として気づきを分かち合い、ともに成長したいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

04 私のイチオシ科目!

  • 働きがいの新価値

制約に合わせた働き方や育児家事の具体的な方法ばかりに気を取られていたが、それらの根っことなる価値観の整理ができたから。

Aさんの受講開始時(Before)の声を聞く

参加者の声一覧へ戻る

MENU

説明会に参加する

説明会に参加する

follow us