• 修了生
  • 標準コース

地方公務員 / #公務員 SS

私の人生を豊かなものにするのは、私

私がスクラで手に入れた、最も大切な信念が、この考え方です。スクラ受講前は、「どんな選択が正解か」ということを気にしていました。でも、今は「どんな選択をすれば、自分が納得できるか」をより重視して、答えのない問いに向き合っていきたいと考えるようになりました。

01 育休スクラで
得られたものや、
ご自身の変化は?

育休スクラで得られたものは、大きく三つあります。
一つ目は、自分を起点に考えられるようになったということ。受講前の私は、公務員だから、硬い職場だから、こどもがいるから、残業できないからと、条件面で選択したり、環境のせいにして諦めたりしていました。今は、自分の気持ちに正直に、自分はどうしたいのか、今の職場をよくするために自分は何ができるのかと、自分を起点に考えるようになりました。
二つ目は、自分自身や家族、自分の職場を前向きに捉えられるようになったこと。受講前は、自分にできないことや、できていないことに目がいきがちで、落ち込むことが多かったのですが、スクラの講義やレポートを通して、自分自身や職場を振り返る中で、自然とできていたことや、職場のよい点にも目を向けることができました。
三つ目は、仲間です。スクラで半年間一緒に学んだ仲間は、かけがえのない存在です。これから、仕事に復帰する中で、新しい壁に突き当たると思うのですが、スクラの仲間に相談すれば、一緒に解決策を見つけられる、困ったときはみんなに相談しようと思える心強い存在です。

02 今後のキャリアビジョンを
どのように考えていますか?

自分が楽しみながら、誰かの役に立つ仕事をしたいと考えています。
自分が楽しく働くために、大切なのは、成長実感だと感じています。自分の変化、チームの変化を前向きに捉えるために、good&betterで振り返る習慣を大切にしていきたいです。
また、スクラで繰り返し学んだ、仕事の目的を忘れないようにしたいです。この仕事が、「誰の役に立つのか」「どんな役に立つのか」を意識します。それが、自分自身のやりがいにもつながると確信しています。

そして、スクラで学んだマネジメントの視点を大切に、チームで成果を出せるようにしたいと考えています。スクラ受講前は、係長として復帰するのが不安で仕方がなかったですが、今は、役職がある方が職場の雰囲気づくりや、効率化などやりやすい点もあると分かり、役職を前向きに捉えています。あとに続く後輩たちに、子育て中でも係長として働きたい、係長になるのも楽しそうと思ってもらえるように、楽しく働きたいです。

03 育休スクラの
仲間へのメッセージを
お願いします。

この半年間で、たくさんのものを得られたのは、5期のメンバーのおかげです。仕事も、強みもバックグラウンドも違うメンバーと、ディスカッションする中で、たくさんの気づきがありました。仕事、家庭、自分自身に真摯に向き合う姿から、いつも刺激を受けていました。自主企画を運営したり、企画に参加したりする中で、職場では得られない充実感と、チームで協力することの大切さを学びました。温かいフィードバックは、前に進む意欲を与えてくれました。なによりも、一人で解決できないことも、みんなと話し合えば解決できると思えたことは、これからの人生の大きな助けになりました。

04 私のイチオシ科目!

  • 働きがいの新価値

「期待役割」について学んだことが、とても大きかったです。振り返ると、仕事のモチベーションが下がっていた時は、いつも自分の期待役割を見失っていました。これからは、期待役割を意識することで、仕事のモチベーションを保てるのではないかと考えています。
また、自分の価値観や強みについてのワークは、自分に自信をもつきっかけになったと思っています。
自分軸と、会社からの期待役割という二つの視点を学び、会社と自分が握手するイメージができた科目でした。

SSの受講開始時(Before)の声を聞く

参加者の声一覧へ戻る

MENU

説明会に参加する

説明会に参加する

follow us